« 2014年4月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月25日 (木)

寿命

今日も波があったので満潮になった夕方サーフしてきました!

しかし入る前にアクシデントが・・・ウエットを着ていたら足首のあたりがビリっと裂けた!?
マジか!?入る前からテンションダウンorz

S__13647877

波の方は腰~腹前後で時々肩オーバーも来る感じ。ただしセット間隔やや長め。面も比較的きれいで一見すごく良さげに見えたんだけど、乗ってみると当て込むには厚すぎ、カットバックするとスープに捕まり、先へ先へと走ってしまうと面白くないというなんともビミョーな波だった。自分の調子が良ければもう少し上手く乗れたのだろうか?
相変わらず波の変化やピークの位置などがイマイチつかめない。途中左ふくらはぎが攣ったし、後半膝下がガクブルだったし、やっぱり(特に下半身の)筋力が落ちてる。SK8でもやって筋力つけないと。

水温は13~14度。冷たい。
後からジーラが来たんだけど、ジーラさんやたらと寒がってるなって思ったら、ジーラさんもウエットの腕のところが破れて着れなくなってしまったのだとか。そんで仕方ないので前にオレがあげた3mm(と書いてあるが実際には2mm)の薄くて穴まで開いてるウエットで入ってきたらしい。(そりゃ寒いわけだ)

ジーラとオレは同じウエットを一緒にオーダーしたので、どうやら寿命がくるのも一緒だったらしい。ただオレのはジーラのほど致命的ではないので、明日にでも修理する予定。週末はあまり期待できなそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

何度目かの始動

ずいぶんこのブログもほったらかしにしてました。

理由としては、ブログに対するモチベーションが下がってしまったこともあるけど、何より海自体ほとんど入れていなかった。

最後に更新したのが2014年の4月。1月に腰のヘルニアが悪化して以来ずっと海に入れておらず、やっと入れるようになってきた頃だった。その後も時々は海に入っていたんだけど、仕事の都合などもあり入る回数は激減していた。そして20151月からは家の建て替え&引っ越しをしたり、長女の高校受験があったりしたので全くと言っていいくらい海に入っていなかった。 

家の建て替えも無事終わり、長女も晴れて第一志望の高校への入学が決まったので、このたびめでたく海に戻ってきたという次第です! 

さて、そんなわけで久々の海&久々の更新。

復活後初めての海は先週の土曜日。水温は14度代だったが寒さはさほど気にならなかった。しかし思っていた以上にパドルがキツい!そしてウエットの劣化が著しい。家の建て替えの際にずっと外で雨ざらしにしていたのが悪かった。あちこち切れたり裂けたりしてます。来年は新しいのオーダーしなくちゃ。

肝心な波(と言うか自分自身の調子)の方は、オンショアでスープ多めのコンディションだったのに、パドルに自信がなかったため小波用の板で入ってしまったのが間違いだった。ドルフィンは抜けにくいわ凸凹につかまりやすいわで散々だった。やはりパドルは全然ダメ、インサイドからアウトまでこんなに遠かったっけ?乗ってからも波の変化を読めずに撃沈に次ぐ撃沈・・・。まあこんなもんでしょ。

 

0213

奥さんが写真を撮ってくれた。写真で見るとそれなりに乗れてる風だけど実際には・・・ 

そして昨日。

復活後2回目のチャレンジ。水温は相変わらず14度代。水温は我慢できるが冷たい西風の爆風がやや辛め。波は腰~腹くらいで時々スーパーセットで肩オーバーも来る感じ。ピークの位置が安定せず、乗るときには掘れるくせに乗った後は厚くなるいつもの第2のパターン。

2回目につきパドルの方はだいぶマシになってきた。沖に出るのに果てしなく遠く感じることもなくなったし、波に乗る時の爆発力(根性パドルとも言う)も出せるようになってきた。ただやっぱり波の変化に対する「読み」はまだまだ全然ダメ。波の崩れ方が変則的な釜の下では、特にバックサイドでは「波を見る」力が重要なのです。

022002

022003

022001

↓(おまけ)ジーラ

Jira_2

今日も奥さんが写真を撮ってくれた。奥さんが来てくれた頃にはセットの数も少なくなりサイズも落ちてきたのであまり波に乗れなかった。でも前回に比べたら乗っている姿も少しサマになってきているような気がしないでもない。

これからは比較的波がでることが多い時期。続けて海に入って少しでも早く勘を取り戻していきたい。今まで普通にできていたことができなくなるのはもどかしいけど、少しずつ勘を取り戻していく過程も実はちょっと楽しかったりする。次入った時の目標はズバリ「安定したテイクオフ」です!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2016年3月 »