« スコール | トップページ | 海水浴 in 中の浦 »

2010年7月16日 (金)

なんちゃってiPhone アップルの「3」と「4」の法則

iPhone 4、欲しくても今は買えないので、iPod touchがiPhoneぽくなるケースを買ってみた。

Dsc_0193

Dsc_0190

どうですか〜!!「商標なんて糞食らえ」とでも言わんばかりのこのデザイン&ロゴマーク!?
今は買えない自分を慰めるため、自慰行為的なエセiPhonesweat01
だけど何気にちょっとお気に入りheart02

話は変わるが、昔から思ってたんだけど、アップルってローエンドの製品名には「3」を、ハイエンドには「4」を付ける傾向があるような気がする。68Kの時代、ローエンドモデルのCPUは「6800」、ハイエンドは「6800」だった。そしてPowerPCの時代もローエンドが「Power PC 603」、ハイエンドが「Power PC 604」。さらに「G3」に「G4」・・・。

この後、Power PC G5、Intel Core Duo・・・って感じに「3」と「4」の法則が崩れていくんだけど、ここにきて現在のアップルのドル箱プロダクトであるiPhoneが「G」「GS」から「」にアップグレード!!

こっ、これはっ!?
iPhone 4はアップルの中でハイエンド的な位置付けに違いない!?
(つまり気合が入ってる?)

はいどうでもいいことですね。でもこんな風に見るとちょっと面白いでしょ?
え?ナニ言ってるのかゼンゼン分からない?
すみません、本日の記事はMacおたく専用ということで。分かる人にはきっと分かるはず!?

|

« スコール | トップページ | 海水浴 in 中の浦 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439393/35776758

この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃってiPhone アップルの「3」と「4」の法則:

« スコール | トップページ | 海水浴 in 中の浦 »