« 新島 | トップページ | やや波残りハナ猛獣に襲われる »

2008年10月26日 (日)

予想外な波 アヤシイ奴

今日もなぜか朝早くから仕事をしていたオレ。
仕事中ジーラから電話があり

オ「波はどうだ?」
ジ「昨日よりサイズは落ちたけどできるぞ。入るか?」
オ「あったりめーだろ!!」

そういうことになった。

一昨日通過した低気圧の影響で、昨日は頭くらいあったそうだ(オレは新島にいたので見てない)。しかし今日は西高東低の気圧配置に変わり、強い西風に変わったため、その風に波が消されてしまうだろうと思っていた。なのに波があるなんて、がんばってるオレへのご褒美か?(^_^)←自分で言うな!

午後2時頃仕事も終わり、ジーラと二人でソッコー海へ。
ただ、「できる」と言っても、正直いい波じゃないだろうと思っていた。

確かに入ったばかりの頃はあまりいい波ではなかった。サイズは腰程度で、ブレイクもイマイチ。ところが入って1時間くらいした頃からだんだんサイズが上がり、ブレイクも良くなってきた。

Pa264768

どう?いい波でしょ?

サイズは胸以上。面もキレイでブレイクも申し分なく、長く乗れる波。セットの波では4〜5アクションすることが可能だが、波がないと思ってオレもジーラもレトロボードで入ったのがちょっと痛かった。

途中アンベさん改めK子さんも来て、3人で順番に波に乗った。

ところが、そうこうしていたら突然不審な奴が現れた。黒ずくめのフルスーツを身にまとい、頭にはこれまた真っ黒なウエット地の帽子をかぶった男がシュノーケリングをしながら波乗りエリアのど真ん中にやってきて、じーっとこっちを眺めているのだ。「そこは危ないよ」と注意しようとも思ったが、よくよく見るとそいつは水中カメラを構えてオレ達の写真を撮ってるっぽい、かなりアヤシイとは思ったが、注意せず撮らせてみることにした。水中写真なんてなかなか撮ってもらう機会ないし。

ジ「あいつプロのカメラマンでオレらサーフィンライフに乗ったりするんじゃねー?」
オ「アホか?プロのカメラマンがあんなアヤシイ格好してるわけねーだろ?」
K子さんも笑いをこらえるのに必死だ。

問題はアヤシイ奴が撮った写真をどうやってもらうかだ。
ジーラに「お前行って写真をコピーしてくれるように頼んで来いよ」
「お前が行けよ」
ってな感じで声もかけれずにいたら、突然彼は恐るべき早さでクロールしながら去っていってしまった。あっけにとられるオレ達。はっ?しまった!!声かけそこなった!!(T_T)

ところがそいつ、今度はボディーボードを持って戻ってきた。よく見るとなんとそいつは島の後輩(ちなみにオレの同僚の弟)だった。何だよ、それなら一言くらい声かけろってんだ!!annoy

いかに小心なオレでも、相手が知り合いとなれば話が違う。明日メモリーカードを渡し、それに撮った写真をコピーしてもらうことになった。

というわけで明日にはその写真をお見せできるかも。しかし後輩よ、お前あれじゃアヤシ過ぎるだろ?もうちょっと何とかならんのか?

でも超ウケたよ。楽しいひとときをありがとー!!

|

« 新島 | トップページ | やや波残りハナ猛獣に襲われる »

サーフィン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439393/24768435

この記事へのトラックバック一覧です: 予想外な波 アヤシイ奴:

« 新島 | トップページ | やや波残りハナ猛獣に襲われる »