« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

フラット

P1020271

気圧配置は冬型なんですけど、日中は春を思わせるような暖かい日になりました。波の方は西よりの風が吹いたため消されてしまいました。フラットです。

ここで釜の下海岸の風向と波の関係について、基本をおさらいしときましょう。

・北東~東の風・・・うねりが最も入りやすく、その上オフショアになる。最も期待できる風向。
・南西~南の風・・・波は出やすいがオンショアグチャグチャの場合が多い。ただし夏は台風でもない限りあまり波は出ない。
・西の風・・・・・・・・・うねりが消されて波がなくなる。

と、こんな感じ。もちろん例外はあります。上記以外の風向はほとんど吹かないため省略です。

記事とは全く関係ありませんが、写真は今使っているワックス「Sticky Bumps」。本当はSex Waxのココナツの香りのが一番好きなんですけどね。そう言やBubble Gum Waxって何年も見たことないな〜。糟谷修二なんかのスポンサーになってたあのピンクのやつ。もうなくなっちゃったのかな?

(追 記)

ネットで検索したところBubble Gum Waxまだ売ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

ファンな波

01

02

今日の式根島は、低気圧の通過に伴い朝から冷たい雨が降っています。

波の方はと言いますと、サイズは落ち着いてセットで胸くらいになりました。第3のグーフィー(上の写真)は、写真で見ると良さげに見えますが、実際には結構ダンパーチックな波です。第2のレギュラー(下の写真)は第3より若干サイズが落ちるもののきれいに割れていました。ちょっと見ではどちらもセットが長そうですが、少人数でのんびりサーフするには最高じゃないでしょうか?僕もこのくらいの波が一番好きかも。デカ過ぎず小さ過ぎずでレトロクアッドフィッシュで乗ったら気持ちいいだろーなーと思いました。あー入りてー!!!

(追 記)
今日はいつもの相棒が最終究極奥義「ユーキューキューカ」を使って午前中サーフしていた。やはりサイズは胸くらいで良い波だったみたいです。「レトロに良さそうな波でしたよ」だって。今日は風がなかったので5mmのウエット(ちなみに僕のと同じウエット)では暑いくらいだったとのこと。このままこの冬は寒さ知らずで終わってしまうのか?オニールのウエット恐るべし!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

デカイし仕事だし疲れたし

01

02

今日の波。
これ見て「お、乗りやすそうないい波じゃん!」と思ったアナタ、アマい!甘すぎる!!
ポイントが遠いのでスケール感がないけど、一枚目の写真の波でダブル近く、二枚目の写真でも頭はゆうにあります。その上一枚目の写真のピークの下には岩があって、そこでうねりが突然持ち上がり、「グアシャーン!!!」とばかりにブレイクするので、テイクオフは激ムズです。失敗したときのことは言うまでもないですよね?

今日は仕事なので入れません。それに一昨日・昨日と2日続けて朝夕の2ラウンドずつ入ったので、すでに体はヘトヘトです。アタシャーもう疲れました。

(追 記)
昨日のワイプアウトでひねったのか首が痛いです(TwT。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ビッグライダー

01

いや、デカイって。
そりゃ入る前から「今日はなんかサイズ上がったな」とは思ってましたよ。でも昨日が昨日だったから、たかをくくってよく観察しないで入ったら、いきなりのビックセットが!サイズはなんとダブル!!!
いやー揉まれましたとも。ドルフィンは抜けないし、テイクオフも一歩間違えば真っ逆さまだし。それにテイクオフの時はめちゃくちゃ掘れるけど、乗って吹っ飛ばされるようにボトムに下りて、気がついたらもう斜面がない・・・みたいな感じで全然楽しめませんでした。
もう必死です。岩もあるし。

02

ウチの奥さんが知り合いの婆さんを車に乗せて見にきたんだそうです。そしたら婆さん「人が溺れてる〜∑( ̄[] ̄;)!!!!」と半ばパニック状態だったらしい。「あれはウチのダンナで、遊んでいるだけだから大丈夫だよ!」と言ったらしいけど、「見てると血圧が上がるからもう帰る」ってなことですぐに帰ってしまったんだって。

そんなに溺れてる感満々でしたか?・・・俺???

(追 記)
今日も第二ラウンドいっちゃいました。午前中かなりキツかったので行かない予定だったんですけど、ちょい仕事で通りかかったらいい波だったんで、即効仕事を済ませてそのまま海へ。
第3のグーフィーに今度はレトロクアッドフィッシュで(午前中は第2のレギュラーにノーマルショートでした)入りました。相変わらずこのボードは面白い。小波よりもでかい波の方が面白いかも。ズギューンて感じの加速感がたまりません。ただ乗った回数以上にトラウマになりそうな派手なワイプアウトを何回もしましたけどね。アウトに出るのもマジきついし。
波のせいかもしれないけど少しコントロールできるようになってきた気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

スモールライダー

Board

予想通りのスモールウエイブでしたが、何とかサーフ可能だったため、寒空の下朝からサーフしてきました。満潮は朝の7時頃、僕が入った9時頃はだんだん潮が引いてくるところでした。波のサイズはセットで太もも〜腰程度、パワーもなくて普通のボードでは乗ってもすぐに失速してしまいそうな波でした。

でもそこはレトロクアッドフィッシュ、「乗るぞ」と思った波の9割は乗ることができました。セットの波ではアップスからフローターにつなげることもできました。でもやっぱりこのサイズの波だとあの「横っ走りのドライブ感」はイマイチ味わえません。

Wave

今日レトロクアッドフィッシュに乗って気付いたこと、それはテイクオフした時に、今日みたいな小さい波だと僕の中の「掘れ度センサー」が働いて、無意識の内にボードのやや前の方に乗っています。そのままだとカットバックがうまくいかないので、カットバックの際には後ろ足をテールエンドギリギリまでステップダウンするとうまく曲がれることが分かりました。ただまだ馴れていないせいか、ステップダウンに時間がかかってしまい、それを補うためにややムリヤリターンするって感じです。要練習ですね。

(追 記)
夕方潮が上げて波のサイズも若干上がったので、性懲りもなく2ラウンド目入ってしまいました。今回はノリも一緒。途中ボードを交換したりして暗くなるまでサーフしてしまいました。まるで子供みたいに遊び過ぎです。いいんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

伝説は今年も生きていた

(海難法師伝説続き)

こ、今年も伝説の通りだった・・・。
昨日はこの冬一番の大時化だったのに、夜半から急に風がなくなってきて・・・
朝になったらべた凪ぎでんがな!!
このお話は単なる昔話じゃなくて、今なお現実に続いてるってところがポイントですね。マジ怖いっす。こんなに長い間、大自然にまで影響を与え続けるなんてどんだけ恨みが深いんでしょう?僕は何も悪いことしてないから呪わないで下さい \(>o<)/

人の思いはこれほどまでに自然を動かせるのだろうか?もしそうなら波乗りが大好きだった人が死んだ後、いい感じに波を出してもらって、生者&死者で仲良くサーフセッション・・・んなわけないか。第一怖いって!

*

Ca330083

下らない戯言は置いといて、今日の波は辛うじて乗れるか乗れないかって感じのスモールコンディション。でも明日の朝に今日ぐらい波があったらたぶん入っちゃうと思います。なにせ今週はいい波があるのを横目で見ながらも仕事で海に入れなかったので。それに波が小っちゃくたって僕にはスモールウエーブでもOKな”魔法の”レトロクアッドフィッシュ(名前が長いって)があるし!
明日入れるといいな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

番外編 島の怖い話

Nobushi

今日は番外編ということで波乗り以外のお話をしたいと思います。私の住むこの島では、毎年1月24日・25日は海難法師(かんなんぼうし)の日とされています。海難法師というのは、島に伝わる海の亡霊で、式根島だけでなく伊豆七島全域で恐れられています。海難法師については色々と説があるようですが、概ね次のように言われています。

「江戸の昔、大島に年貢の取立てがたいそう厳しい悪代官がいて、島民を苦しめていた。そのあまりの非道ぶりに島の若い衆が一計を案じ、代官が各島の巡回で船 に乗った折りに船の栓を抜いて沈めてしまった。それが1月24日。それからというものの、その日になると代官の亡霊が伊豆七島の島々に現れ、島民を苦しめるようになったと いう。島民は代官の亡霊を恐れ「海難法師」と呼び、海難法師が嫌うと言われるトベラという木の枝を家の戸口などに刺し、夜は出歩かないようになった。海難法師はお 坊さんのような姿をしており、法衣をまとい、錫杖を持ち、頭にはご飯を炊くお釜を被っていると言われている。毎年その日になると海から這い上がり、島中を濡れた足でひたひたと歩き回るという。その姿を見た者は死ぬか、あるいは気が狂ってしまうそうだ。」

一説によると、海難法師は代官の霊ではなく、代官を沈めた島の若い衆だとも言われている。当時、代官を殺すということは大罪だったはず。皆のためとはいえ それを犯した若い衆を、共犯にされることを恐れた島民達が迫害し、上陸を拒んだため時化に会い海に沈んでしまった。その霊が海難法師になったとも言われて いる。

いや~怖いですね~
これがただのどこにでもあるおとぎ話ならいいんですけど、上で書いたことのほかに「海難法師の日になると必ず大時化(大嵐)になり、夜になるとその嵐が嘘のように静かになる」との言い伝えがあって、そして今日のお天気は・・・・上の写真の通り( ̄□ ̄;)!!! 確か去年も、その前も当っていたような・・・・
言い伝えのとおりじゃん!コワ過ぎる!!!

あまり信心深くない僕も、さすがにこの日は波があっても海には入りませんっ!
夜も出かけたりしませんっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

波があっても仕事・・・その2

Ca330088

今日の釜の下海岸は、昨日よりサイズが落ちたもののまだ波があります。サイズは腰程度、風もあまりなく面もきれいです。待てばもう少し大きいセットが入るかもしれませんが、あまりゆっくり見ていられませんでした。

写真の右側から沖に向かって、天橋立(アマノハシダテ)と呼ばれる浅瀬が延びていますが、その右側(桟橋との間)がグーフィーポイントの「第3」。そして反対側のレギュラーのポイントが「第2」と呼ばれています。今日はサイズ・質共にどちらも大差ない感じです。こんな日はどちらに入るか迷ってしまいます。今日も仕事の僕には悩む必要ありませんけどね・・・。あ~悩みたい!!!

情報によると水温がやや上がってきたようです。ちょっと前まで14℃代でしたが、今は17℃前後あるようです。ここのところ外気はとても寒いですけど、海に入っちゃえばなんとかなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

波があるけど・・・仕事です

今、暦の上では「大寒」だそうですね。その名の通りここのところ寒い日が続いています。お天気の方も低気圧の通過により雨が降ることも多いです。

ということは、つまり波があるってことです。昨日は一日雨でしたが夕方にはセットで頭近い波がありました。そして今日は昨日よりサイズが落ちたものの、その分風がなくて面がきれいになりました。サイズはセットで胸くらいでしょうか?レギュラーの第2も、グーフィーの第3もどちらも良い感じです。ブレイクも(釜の下海岸にしては)早くなさそうで、乗りやすそうに見えました。

あ〜入りたい〜!!!何でこんな平日にいい波なんだ?チクショー!!!

この後ですが、明日・明後日とまた低気圧が通過するので波がありそうです。しかし残念ながら週末は冬型になりそうなので、波の方はあまり期待できそうもありません。オーマイガッ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

ボードペイント

Wave

今日の釜の下海岸の波は、サイズで腰くらいでしょうか。昨日より風が強くなったためブレイクがやや悪くなったように見えます。「見えます」というのは、今日は奥様が仕事のため僕は子供とお留守番なのです。というわけで今日の波乗りはお休み。

せっかく家にいるので、前からやりたかったことに手を付けることにしました。Dropoutの5'11の板のノーズ部分を、先日新島でサーフした際にクラッシュしてしまい、自分でリペアしたのですがどうにも見た目がイマイチ。そこでリペア後のノーズの部分に絵を描いてカッコ良くしてしまおうというのが今日のお題です。

ちょうど奥様が百均でアクリル絵の具を買ってあったのでそれを失敬して、絵の具用の筆でハンドペイントしました。僕がペイントしているのを見て子供たちも絵を描き始め、畳みに絵の具を付けるわ、筆洗いの水をこぼすわで大騒ぎでしたが、なんとかボードのペイントが仕上がりました。

Art

説明するまでもありませんが、左がペイント前、右が完成後です。仕上がり後にアクリル用のニスを2回塗りしたので、たぶん海に入っても落ちることはないでしょう。適度にツヤも出ていい感じです。デザインの善し悪しはともかくとして、自分的には結構気に入りました。こういうことは自己満足の世界なので、自分が気に入ることが大切ですね。

あとはボードの数が増えてきたため部屋にボードラックを作らないと・・・。その前に乗らないボードをオークションに出すなどして処分しなきゃ。部屋は満員、財布は空っぽです(-_-;)

(追 記)
奥さんが予定より早く帰ってきてくれたので、午後4時から性懲りもなく海に行きました。釜の下海岸は潮がめちゃくちゃ引いていて、岩が露出していました。普通では入れない状態です。しかし横っ走りの速いレトロクアッドなら大丈夫だろうと入水。
レトロクアッド絶好調です。テイクオフを「めちゃくちゃ早い」に訂正します。どんなダンパーの波もファンウエーブに変えてしまう魔法の板でした。どんな波でも乗れます。それに馴れると結構動かしやすい。暗くなるまでの1時間ですが、普段の1日分くらいの波に乗れました。ただあまりに楽しくて暗くなるまでやりすぎ、最後の波で岩が見えずノーズを少しクラッシュしてしまいました。あまり調子に乗りすぎるなってことですね。トホホ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

レトロクアッド進水!

さっきの記事は訂正。
運送屋さんが福引き大会が終わったあと荷物を持ってきてくれました。もちろん中身はデッキパッド。運送屋さん、忙しいのにありがとー!

当然ソッコー取り付けましたよ。

Board

アストロデッキのレトロフィッシュ専用タイプ。形もジャストフィットでしょ?最初は白にしようと思っていたんですが、板自体が木目ということもあって、ジジ臭くならないようにあえてカモフラタイプにしてみました。ミスマッチ?でも自分的には良い選択だったと思っています。テールエンドギリギリに貼りたかったのでリーシュカップの所を丸く切り抜いて貼りました。おーカッコいー!!

進水式の準備ができちゃったら行くっきゃないでしょ?波もあるし。急いでワックスアップし、まだ乾いていないウエットを着込んでいそいそと海へ。

釜の下海岸は潮がかなり引いていましたが、波のサイズは午前中より上がっていて、胸くらいの波がコンスタントに入っていました。進水式にふさわしい波です。
沖に向かって漕ぎ出す・・・もちろんこの板で。浮力があるので今日2ラウンド目ですがパドルは楽ちん。沖に出てしばし波待ち、手ごろな波が来たのでテイクオフ。とりあえず最初の一本はワイプアウトすることなく乗れました。幸先良し!

その後1時間ほど乗ってみた感想ですが、まずテイクオフは早い。ただ早いと言ってもうねりの内に乗れるような極端な早さではなく、普通のショートボードと比べたら若干早い感じ。でもその「若干」が大きな余裕を生みます。そして板が滑り出すととにかく初速が速い。普通のショートボード(トライフィン)の場合、テイクオフしてからターンによってスピードをつけていく感じだけど、このレトロクアッドは立った時にはすでにトップスピードって感じです。そして前が崩れてしまったような場面でもそのスピードと浮力でどんどん板が抜けていきます。スゲー面白れー!!ただ僕はまだ全然乗りこなせていません。普通のショートとはターンのしかたが違う感じです。ムズカシー!軽くリズミカルに左右にレールを入れてくとグングンスピードが出ますが、フルレールでターンしようと思うと板を抑えきれずに吹っ飛ばされてしまいます。横っ走りには最適ですが、バーティカルなラインは描けそうもありません。まあ元々そういう板ではないんでしょうが・・・。乗りこなすにはもう少し時間が必要なようです。ムズイけど面白い!

Night

あまりの面白さに真冬だというのに一人っきりで暗くなるまでサーフしてしまいました。
レトロクアッド最高!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーンな波と福引き大会

P1020592

P1020579

低気圧は昨日の内に通過しましたが、今日も波が残りました。もちろん行きましたとも。

今日の波はサイズこそ腰(ごくたまに胸)でしたが、風が弱いオフショアで面がキレイでした。冬場に今日ほどクリーンな波はめったないですね、いつも風が強いので。それだけでもかなり気持ちいい。ただ波に全然パワーがなく、波に乗るためには「根性パドリング」が必要で、小さかった割に疲れました。
上の写真は本邦初公開(?)僕のライディング写真です。知らない内に奥様が撮ってくれてました(奥さん寒い中ありがとー!)。今日は僕の他にノリも一緒に入りました。

今日もデッキパッドは届きませんでした。恐らくすでに島には到着していると思うのですが、今日は商業会あげての新春福引き大会なので忙しくて配達できないのでしょう。福引き大会と言えば、子供たちと一緒に僕も行ってきました。22回引いてクマデ一本と台所用品の詰め合わせが当たりました(残りは全てティッシュ)。全部ティッシュでなかっただけいいか。

というわけで今日もクアッドデビューは果たせず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

初乗り

P1020574

土曜日の今日、あまり良い波ではなかったけどぜいたくは言ってられません。休みの日に波があるだけでもありがたいことです。今年最初のサーフィン「初乗り」をしてきました。

低気圧が通過中ということもあり激しい雨が降る中、一人っきりのサーフ。釜の下海岸はグーフィーである第3はブレイクこそまずまずだがサイズは腰、レギュラーの第2はセットで胸くらいあったが厚い波でブレイクも悪い。

最初第3に入り、第2と第3を行ったり来たりしながら2時間ほど入りました。決して良い波ではなかったけど、新しいウエットのおかげで暑くも寒くもなく、それなりに気持ちよく波乗りすることができました。本当だったら昨日届いたレトロクアッドに丁度いい波なんでしょうけどね。レトロクアッド早く乗りてえ〜早くデッキパッド届かないかな〜

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

レトロクア~ッド!

フィンに続いてついに今日、レトロクアッドのボード本体が届きました。

Board

実物を見ないネット上でのお買い物でしたが、傷やヘコミなどの問題もなくなかなか良い仕上がりです。持ってみると思いのほか軽く、浮力もめちゃくちゃありそうです。恐らく普通のショートと同様にデッキ4オンス×2層、ボトム4オンス×1層のラミネートなんじゃないかな?僕的にはもう少し重い方が調子良さそうに感じました。見た感じテイクオフは早そうですがターンの方はどうなんだろう?

Fin

これがテール付近。おー憧れのクアッドだ!フィンが4本付いてますよ奥さんっ!(って当たり前か・・・)
間近でクアッドを見るのはこれが初めて、はてさてどんな動きをしてくれるのか?早く乗ってみたいっ!!!

明日から3連休ですね。天気予報によると明日以降低気圧の通過により波が出そうな雰囲気です。さっそく・・・と言いたいところだけど、実はこの板用にデッキパッドを注文したので、それが届くまではガマンです(一回ワックスを塗ってしまうと落とすのが面倒なので)。レトロボードではレトロな雰囲気を醸し出すためにほとんどの人がデッキパッドは使いません。でも僕の場合基本的に「貼る派」だし、デッキパッドの上に足を置くことを意識することによって、後ろ足の置く位置を固める効果を期待して貼ることに決めました。それにこのままではちょっとジジ臭い感じなのでイマ風にしたいって狙いもあります。

この板で誰よりも早くテイクオフして、猛スピードでカッ飛ぶことを想像していますが実際はどうなのか?乗りこなすことが出来るのか!?それともオークションでドナドナされる運命なのか?・・・続く!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

フィン(だけ)届いた

P1020567

あれ?確かこのフィン注文したの昨日じゃなかったっけ?早い、早すぎる!
日本の物流ってすごいなー

これはフューチャーフィンの「QFT1」ってモデルで、僕の買ったようなテールが大きく割れた「ビッグフィッシュ」専用のフィン。フロントフィンは大きくて寝ています。それに対してバックフィンは小ぶりですが立っています。たぶん大きいフロントフィンでドライブ性と直進性を高め、バックフィンは回転性を高めるためのデザインなのでしょう。どちらも外側に向かって角度がついています。調子はいいのかな?ボードがなけりゃなんの役にも立ちませんが、今日はこれを眺めながら妄想にふけるとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

目標達成!!(早っ!?)

僕が「何かがほしい」って言う時は、実は大抵の場合すでに買うことを決めてるんです。
前回の記事で「レトロツイン若しくはクアッドのボードがほしい」なんてことを書いてましたが、実は半年くらい前からずーっと狙っていました。そしてついにGETです!

僕の新しいパートナー。下がその写真です。

Raichi3507img354x4941198662771wood2

レトロであり、クアッドでもある。僕の希望を両方満たしているものであり、もしかしたら両方とも中途半端であるかもしれないタイプの板です。かなり冒険しました。

メーカーはカリフォルニア・サンディエゴの「PhaseOne(フェイズワン)」というブランドで、原型はハワイのブッシュマン(ニカウさんじゃありませんよ、有名シェイパーのJeff Bushmanです)。「原型」ということはブッシュマンの削った板をスキャンしてマシンシェイプしたものでしょうね。ハンドシェイプじゃありませんが、最近のマシンシェイプは非常に精度が高いそうなので、シェイプ自体の信頼度は高そうです。サイズは5’10×20 1/2×2 1/2です。色は木目調。本当は赤系の板が良かったのですが、見た目はこの際二の次です。

この板は某大手オークションで落札しました。新品ですが一般ではアリエナイ値段での落札です。ただしフィンは付属しません。フィンの方も楽天のお店ですでに注文済み。あとは届くのを待つばかりです。ネットって本当に便利。特に僕のように離島に住んでいる者にはなおさらです。

今まで使っていた板とはアウトラインもフィンの本数も違うため、果たして僕に乗りこなせるのかどうかちょっと心配ではあります。まあダメな場合はオークションで売って、その資金で別の板を探せばいいってことで。ビンボーサーファーは頭も使わないとね。

いつ届くのか?届いた後いつ乗れるのか?乗り次第レポートします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

Alternative Board Next Move

今更ですが新年明けましておめでとうございます。

年末年始は29日・30日と低気圧の通過によって波乗りすることができましたが、あとはフラットな日が続いています。ちょいクサリ気味の新年です。

さて、先日タイトルのDVDを購入しました。「Alternative」とは「別の」とか「代替の」とかいう意味だそうで、現在主流の細身のトライフィンボードとはちょっと違ったサーフボードについて特集したものです(下はサンプルです)。

良い時代になったもんです。ちょっと前まではトライのショートか、ロングのどちらかしか選択肢がありませんでした(あることはあったが一般的ではなかった)。ところが最近フィンが2本のツインフィンがリバイバルされ人気を集め、さらにフィンが4本のクアッドなんてものも出てきた。長さも4インチ台の短いものからショートとロングの中間的なものまで色々ある。実際に海でもそんな色々な板に乗っている人が増えてきてるんだそうです。選択肢が増えたってことですね。

そこで新年の目標として、今年はそんな「Alternative Board」にチャレンジしたいと思っています。選択肢として考えているのは次の2種類。

1.レトロツイン
Imgcbe86034zik6zj
上の写真のように全体的に幅広でテールが大きく割れているのが特徴。フラットに近いロッカーや幅広のテールによりテイクオフが劇的に早く、ツインフィンによりルースな乗り味だそうです。「レトロ」といっても最新の技術でアレンジしてあって、動きはかなりいい(技術による)。小さい波用。

2.クアッド
Alphasurf_yuquad012
こちらはアウトラインこそ普通のトライボードと大差ありませんが、フィンが4枚あるのが特徴。テイクオフが早く、スピードもかなり早いらしい。パンチの効いたサーフィンにはトライの方が向いているが、ハイスピード&スムーズなサーフィンができるらしい。トライフィンと同じ乗り方で乗れるんだそうです。頭半くらいまではこれでいけそうです。

どちらの板もパワーがなくブレイクが早い(限りなくダンパーに近い)釜の下海岸の「第3ポイント」にはとても合いそうな板です。果たして今年僕はこの野望を果たすことができるのか、それとも(主に金銭的理由で)挫折を味わうのか、請うご期待!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »